• 社長挨拶
  • 店舗案内
  • らいふ薬局のこと
  • 社会貢献
  • 調剤機器設備

調剤機器設備

散薬調剤ロボット DimeRo(ディメロ)

散薬調剤ロボット DimeRo(ディメロ)
散薬秤量調剤の常識が変わります。

薬品の選択/秤量/配分/分割/分包といった散薬秤量調剤のすべてをロボットが行うので、薬剤師の先生方は調剤業務に手間を取られません。ロボットに任せることで生まれた時間を、服薬指導・在宅医療への参画など、患者さんと向き合う時間にご活用頂けます。

動画を用いた確かなエビデンスがストレスフリーな環境を作ります。

薬品の選択/秤量/配分/内部にカメラを搭載し、秤量/配分時の様子を動画撮影。ロボットが正常分包作業を行えているかどうかを、投薬前の最終鑑査時や、投薬後に不安になった場合でも後から動画でチェックできます。/分包といった散薬秤量調剤のすべてをロボットが行うので、薬剤師の先生方は調剤業務に手間を取られません。ロボットに任せることで生まれた時間を、服薬指導・在宅医療への参画など、患者さんと向き合う時間にご活用頂けます。

30カセットを搭載。効率の良い確かな散薬分包を行います。

本体中には30種類の散薬カセット(500cc)を搭載することが可能です。頻繁に処方される薬品を優先的にカセットへ搭載することで、効率の良 い散薬分包が行えます。また、30カセットとは別に『チューニング用カセット』・『洗い用カセット』・『賦形カセット』の3カセットを用意。ロボットのパフォーマンスを最大限に引き出します。

全自動PTPシート払出装置 ROBO-PICK(ロボピック)

レセコンにて処方入力直後に自動的に必要な錠剤を正確にピッキングします。端数薬品もカットし、束払出しも可能でピッキング時間を短縮します。本体付属のバーコードリーダーで、薬品外箱のJANとカセットバーコードを照合させ、充填ミスを防ぎます。ピッキング作業で短縮した時間を患者さまへの投薬時間やサービス向上に費やします。

全自動錠剤分包機 YS-TR-330FDSⅡPROUD(プラウド)

330薬品の豊富な薬品実装量で、「安全」で「信頼度」の高い錠剤専用分包機です。業界初のRFIDカセットを搭載し、どこにセットしても正しい薬品カセットを自己認識するので実装間違いを防止します。薬品充填時には、薬品外箱のRSSコードとカセットのRFIDを本体でチェックし、充填ミスを防止します。従来では、お手入れが出来なかった錠剤の落下経路を初め薬品の通貨経路が清掃可能なので、より清潔な薬品の払出しが可能です。

ピッキングサポートシステム NEW PORIMS(ニューポリムス)

レセコン入力の処方内容を受信し、手払出し薬品のピッキングミスを完全に防ぎます。棚や引き出しに貼ったバーコードシールを専用端末で読み込むだけのチェックで時間のロス無くピッキングミスを防ぎます。ヒューマンエラーによるインシデントの解消策として、前述のロボピックとの併用で完璧なピッキングを実現します。患者さまへの安心と正確なお薬の提供を行います。

電子天秤一体型監査システム Onedy(ワンディ)RCS-620D

約7800件に及ぶ医薬品の情報を搭載し、配合変化や常用量の処方チェックを行います。バーコードを読ませ、秤量するだけのスピード監査ができます。豊富な薬品マスタで配合変化や常用量も素早くチェックできます。秤量後に調剤記録を出せる為、いつ・誰がどの患者さまに・何を・何g秤量したのかをいつでも確認可能です。

水剤分注機 MINI-AQUA(ミニアクア)

ボトルをセットし、スタートするだけで、スピーディーな水剤の分注を行います。毎回薬品の分注口を自動洗浄&エアブローする自動洗浄機能があります。攪拌薬品・要保冷薬品にも対応し、攪拌が必要な薬品には、瓶を上下振動動作により確実に攪拌要保冷悪品にも対応します。チェック充填時の元瓶と実装キャップのバーコードを照合させ、分注時のキャップセンサーによる薬品2重チェック、分注時の重量センサーによる分量チェックで万全の安全性です。

全自動散薬分包機 YS-TWIN-R93Ⅲ(ツインR93Ⅲ)

直径54cmの業界最大のR円盤を2枚搭載した高い分包精度の分包機です。円盤の高さを内側よりも外側を高くする事で散薬の飛散を防止しながら高速の回転を行う事で高い分包精度を実現します。不均等分包も2枚円盤を用いて、1包量の違う薬品でも1度の分包作業で時間短縮できます。分包中に残薬が残らないように、最終ホッパーでは振動モーター+超音波振動にて対策を行い、分包終了後には円盤を回転させブラシで掻き落としながら集塵清掃はオープンメンテナンス設計により細部まで清掃が可能です。

一包化錠剤監査支援装置

分包仕上がり品を機械の中に通し、高精度の画像認識で錠剤分包品の調剤過誤をシャットアウトします。計数・色・形状の3点を厳しくチェックします。作業は分包品を通すだけの簡単作業で操作が可能です。監査までも効率化し、投薬までの時間を極限まで短縮させ、患者さまの待ち時間を少なくします。