かかりつけ薬局

かかりつけ薬局とは

安心できる「かかりつけ薬局」を持ちましょう。

毎回、同じ顔なじみの薬剤師がご対応することで、これまでの処方歴や病歴などを踏まえて、あなたに合った服薬指導を行うことができます。安心して効果的にお薬を服用できることのお手伝いに加え、日頃のお薬や健康の相談も気軽に行うことができます。必要であれば24時間365日、お電話などでお薬のご相談もできます。らいふ薬局では、あなたの「かかりつけ薬局」をスタッフ一丸となり目指しています!

※薬歴:処方薬・市販薬・健康食品などを使用しているか、副作用歴、よく飲むお薬・アレルギーの有無などをお伺いし記録しているもので、患者さんごとの薬のカルテのことです。

かかりつけ薬局のお仕事

あなたの「薬歴」を作成いたします。
こんなことに役立ちます
・薬の飲み合わせや薬の重複がないかの確認
・市販の薬との相互作用、飲み合わせの確認
・アレルギーや副作用がないかの確認
・これまでの処方歴からの症状や効果の判断
・ジェネリック医薬品のご希望
・服用に注意すべき薬剤の服薬日管理
など様々な活用をしています。

休日・夜間など、いざという時に相談できます。寝たきりや体のご不自由な方のご自宅へ訪問いたします。透析液などお持ち帰りが困難なお薬をご自宅までお届けします。日々の健康相談、薬についての質問などもお気軽に!

「かかりつけ薬剤師」を目指します

かかりつけ薬局を選ぶ目安となる「基準薬局」

「基準薬局」「健康サポート薬局」をご存知ですか?

基準薬局とは、一定の基準を満たした薬局を薬剤師会が認定する薬局のことです。らいふ薬局は基準薬局がほとんどです。これから、「健康サポート薬局」という取り組みが始まります。積極的にらいふ薬局は取り組んで参ります。

らいふ薬局は皆さまの「かかりつけ薬局」になれるような
信頼できる身近な薬局を目指しています。

在宅医療推進について

在宅医療推進薬局として地域薬局と
連携致します
らいふ薬局は地域で1番、全国でもトップクラスの終末期在宅推進薬局として、在宅診療を受けられている患者さんの多岐の渡る症例について在宅医療を提供しています。そのノウハウを地域の薬局に情報発信し、在宅医療推進に貢献しています。
在宅業務における高度医療業務に積極的に
取り組んでいます
在宅医療のニーズをいち早く地域目線でとらえ、在宅業務に必要なスキルを弊社は先駆者として実現しています。薬局内クリーンルームなど地域では1番に稼働させ、そのノウハウを地域の薬局に提供する準備があります。
退院時カンファレンス等の医療連携スペースを
提供致します
らいふ薬局では、地域の在宅医療に関わるコメディカルのための医療連携スペースを提供しています。退院時カンファレンスなど病院内で行うことができない場合などに利用してもらっています。
在宅医療メディカルスタッフの皆さま全てに、
勉強会や意見交換の場を提供します
らいふ薬局では、基幹病院や地域のクリニックとの連携を深めるために、共動の勉強会を開催しています。様々な立場で場所は違いながら同じ患者さんを診ている者同士の連携を大切することで円滑な治療を目指しています。

お薬手帳とは

活用しましょう!お薬手帳
〜あなたのお薬に関する情報の記録〜

  • ・複数の病院で同じ薬を処方されていませんか?
  • ・もしかして飲み合わせが悪い薬を一緒に飲んでいるかも!?
  • ・薬で副作用が出たことはないですか?
  • ・アレルギー体質ではないですか?

お薬手帳でこんなことが出来ます

自分の体を大切にするために、お薬手帳があなたをしっかり守ってくれます。

服薬する薬は自分でお薬手帳に記入するか、薬剤師に記入してもらいましょう。

複数の病院で同じ薬・飲み合わせが悪い薬を処方されたりするのを防止します。

病院や薬局に気になることや聞きたいことを記入しておきましょう。

相談をすることで治療に役立つことがあります。

古い順番でお薬の記録をしてゆきましょう。

以前の記録で現在の服用薬を確認できます。

薬の使用後に体調変化があったら記録をしましょう。

特定のお薬のアレルギーを知ることで同系統のお薬での副作用も防ぎます。

旅行時や災害避難時に手帳を見せましょう。

正確に服用している薬を確認できて治療を継続できます。

飲み忘れた薬の記録もしましょう。

指示通り飲めなかった理由も大切な情報です。

市販薬や健康食品も記録しましょう。

処方せんのお薬との重複や飲み合わせがあるものがありますのでチェックできます。

お薬手帳をお持ちでない場合、使い方が分からない場合は、お気軽に窓口へどうぞ!

お薬手帳が医師や薬剤師に教えてくれる情報で、より適切な処置が可能になります。

お薬手帳を活用して、より安全に・より効率よく
お薬と付き合っていきましょう。